バリ島で買えるリサイクルタイヤを使ったエコサンダル&シューズの2大ブランドを紹介します。

バリ島、リサイクルタイヤのエコサンダルショップIndosole お店

バリ島ではビーチサンダルがとても重宝しますよね。

ビーチサンダル=ビーサン

高級ホテルのレストランなどビーサンNGな場所でない限り、ビーチへ行くにも、散歩するにも、買い物へ行くにも、普段使いにはやっぱりビーサンが大活躍です。

バリ島にはお手頃価格のものからちょっとしたブランド品までいろんなビーサンが売ってますが、わたしは4~5年前にあるタイプのビーサンの虜になってしまい、今でもずっと愛用しています。

あるタイプというのは、タイヤをリサイクルして作ったビーサンのこと。

わたしちょっと勘違いしておりまして、4~5年前に出会ってから今までに何回か買ってるんですが、違うブランドのリサイクルタイヤのビーサンも混ざってたことが判明いたしました。

どちらも同じようなコンセプトで、デザインも似ていて、もしかしたら最初は同じブランドだったんじゃないの?と思ってしまうくらい、両方ともすごく丈夫ではき着心地がいいんです。

ということでこの記事は、リサイクルタイヤを利用したエコサンダルブランド「Indosole」と、同じくエコシューズブランド「Shoe Shack」について、また両方の比較もしてみたいと思います。

丈夫で長持ちするビーサンがほしい、

足にしっくりくる履き着心地、

滑りにくく、機能的なのがいい、

ビーサンの鼻緒で指の間が痛くなりやすい、

南国、海、ビーチが大好き、

ちょっとお金を出しても環境に優しいものを選びたい、

という方にぜひぜひおすすめです。

日本であんんまりビーサンは履かないという方も、バリ島に来たらビーサンが必要になるかもしれません。

履いたらわかる、なめらかなタイヤの感触があなたの足に吸い付きます^^;

ではスタート!!

 

スポンサードリンク

リサイクルタイヤのエコサンダル「Indosole」ショップ

バリ島、リサイクルタイヤのエコサンダルショップIndosole

バンブーで作った壁の模様が目印、隣にはカフェやサーフショップが並んでます。

まだ新しめのお店でエコビーチ入り口から約400メートルくらい手前、左側にあります。

住所:Jl. Pantai Batu Mejan No.69, Canggu, Kec. Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali 80361

営業時間:朝8時~夜9時

駐車場:バイク、車ともに有り

TEL : 0812-3760-9071

Website:Indosole(←USドルですがネット販売もしてますよ)

Indosoleエコサンダルの種類&店内

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、店内レディース

すっきりした店内には定番のサンダルがシンプルに陳列されてます。

デサインも至ってシンプル。

この写真は女性用のコーナー、種類は2つくらいしかなかったと思う。

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、店内メンズ

こっちはメンズ。メンズもこのシンプルなデザインだけだったと思う。

カラーは白、ベージュ(肌色)、ダークグリーン、ネイビー、ブラウン、ブラック、ライトグレーが基本の展開みたいです。

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、キッズストラップ付き

めっちゃかわいいキッズ用!脱げにくいバックストラップ付き。

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、キッズシンプル

キッズシリーズにはピンクやオレンジっぽいカラーもあります。

プレゼントとかにも喜ばれそうですよね!

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、店内

お店の真ん中に君臨する巨大なゴールデンタイヤ、ここに座って試着してください。

壁にはタイヤをリサイクルしてサンダルを作るプロセスが説明されてます。

Indosoleのエコサンダルを徹底検証

バリ島リサイクルタイヤ、Indosoleのエコサンダル

Indosoleのタグ、サンダルの特徴が書かれてます。

  • ストラップにIndoのレーザー彫りロゴ入り。
  • ストラップ部分は環境に優しい素材が使われている。
  • 鼻緒とソールのつなぎ部分がとても丈夫で履き心地良くつくられている。
  • 土踏まず部分はちょっと盛り上がり快適にフィット。
  • 足裏の当たるソール部分には細かいギザギザがあって足とサンダルが滑りにくい。
  • ソールの間にはさまったナチュラルゴムの柔らかいクッションでより快適。
  • リサイクルタイヤの底部分もギザギザになって滑りにくい
バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、ディテール表

実物はこんな感じ↑とても丁寧なつくりですよね、うっとりする美しさ。

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、ディテール裏

この裏の溝が滑り止め効果大。しかもロゴまで入って芸が細かい!

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、Indosoleを買ったら

プラスチック袋が廃止になったバリ島で最近よく使われるキャッサバ(芋)から作られた袋に入れてくれます。

おまけのステッカー付き\(^o^)/

リサイクルタイヤのエコシューズブランド「Shoe Shack」

パドマのほど近いレギャン通り沿い、クタから来たら左側にあります。

小さいお店なので、見落とさないように。。。

住所:Jalan Legian Tengah, Legian, Kuta, Legian, Kuta, Kabupaten Badung, Bali 80361

営業時間:朝10時~夜7時(時々、営業時間内でも閉まってることがあるのはバリ島あるある)

駐車場:バイク、車ともになし。バイクはたぶん近辺の路上に停められるとは思います。

Facebook : Shoe Shack Bali

デザインはShoe Shackの方がかなり豊富にあると思います。

Facebook投稿にもちょっと載ってますが、お店に行った方がいろいろ見れます。

特にメンズはサンダル以外にデザインシューズなんかもありますよ。

ストックがなくて作ってもらった時、できたてすぎて接着剤がしっかり乾ききってなかったのか、雨に濡れた際、両サイドの鼻緒部分がちょっと白くなってしまったことがありましたが、使ってるうちにほとんどわからなくはなりました。

お値段はIndosoleよりだいぶお手頃です。

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、Shoe Shackラベル

左横にちらっと見えるコーヒーの写真はShoe Shackのプライスラベル。(裏に値段が貼ってる)

インドネシアの洗剤やコーヒーなんかのプラスチックのパッケージをリサイクルして作ってるんです。

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、Shoe Shackを買うと

こちらも同じくキャッサバの袋に入れて届けてくれました!

在庫がない場合は作ってくれたり、お店まで行くのが面倒な時は電話で注文も受けてくれます。

どんだけ買ってんねん!って感じですが、履いてると「わたしもほしい!!」と言われたりして、人の分を買ったりもしてます(^o^)

ところでこのサンダル↑先程のIndosoleで買ったサンダルと似てると思いませんか??

そうなんす、すごく似ている!!

だからずっと勘違いしてたんです。

2つのブランドのエコサンダルを比較

気にいるとそればっかりリピートしてストックしておくタイプなので、両方のストックをちゃっかり持ってました。

せっかくなので並べて比較してみたいと思います。

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル、2大ブランド比較表

左がShoe Shack右がIndosoleです。すごく似てますが、微妙なディテールが違う。

どちらも同じく表面に模様があってすべりにくく、土踏まずの盛り上がりもあります。

このデザインで比べると表面の模様はShoe Shackの方が細かめかな。

それとこれ重要ですが、両方とも鼻緒のとこが痛いと思ったことは一度もありません!

(わたしの場合ですが、よく鼻緒のトラブルがある方は試す価値はあると思います)

鼻緒が抜けたり切れたりしたことももちろんないです。

ソールの形はIndosoleの方がちょっと丸みがある感じで、縁が若干盛り上がってます。

ShoeShackの縁はフラットな感じ。

履き心地にはほとんど差がなく、どちらもタイヤのなめらかな触感が気持ちよくて甲乙つけがたいです。

わたしはこのタイヤの触感がいいと思うんですが、最初に履いた時から、既に履きなれたようなおさまり感みたいなところが気に入ってます。

バリ島リサイクルタイヤのエコサンダル2大ブランド比較裏

裏も左がShoe Shack右がIndosole

裏側はIndosoleのにはこれだけ溝が入ってる分、タイル床の上では滑りにくさに違いを感じました。

Shoe Shackの方も素材がタイヤなのでグリップの効くところなら滑りにくいと思いますが、Indosoleと比べるとやっぱりちょっと滑りやすい。

お値段は直営店でIndosoleが350K(2,700円くらい)、Shoe Shackは195K(1,500円くらい)とけっこう違いがあります。(写真のモデルの値段です)

またどちらのブランドもいろんなお店で委託販売されているので、売ってるお店によってけっこう値段に開きがあった気がします。


【アドバイス】

黒いビーサンはビーチなどに脱ぎ捨てておくと太陽に当たってめちゃくちゃ熱くなるという弱点があります。わたしはそれでも黒いビーサンを定番に使ってますが、熱くなるのを避けたい方は他の色がオススメかも。

まとめ

4~5年前に一番最初に買ったのはIndosoleでした。(すごく高かった気がする、、、)

それから比べたら今のデザインはだいぶ進化してるなーと思います。

最初のがものすごく長持ちして、2足目を買い、屋内用、家族用、プレゼント用など、どっちのブランドだか気付かずに買ってたくらい、両方ともとても丈夫で履き心地もいいです。

今回紹介した2つのブランドの特徴をまとめると、

【Indosole】

  • 作りがとても丁寧
  • シンプルなデザインのみで種類が少ない
  • 裏面のギザギザで滑り止め力が高い
  • 子供用もある
  • Websiteでも買える(Websiteもカッコイイ)
  • ちょっと高い

【Shoe Shack】

  • お値段がお手頃
  • 定番品からデザインものまで種類が多い
  • ビーサン以外のシューズもある
  • ほしいデザインでサイズがない場合などは作ってくれるかも
  • 作ってもらった場合、出来上がってしばらくは水に濡れない方がいい(たまたまかもしれませんが、、、)

もっと安いビーサンはたくさんあるけれど、環境に配慮した素材、快適、長持ち、機能的となれば少し高くても価値はあると思うので、今後も用途に応じて両方とも愛用していきたいと思ってます。

見た目がすごく可愛いとか、目立った違いがあるわけではないけれど、履いている自分がちょっと地球の役にたててるのかなーと思えるのはいいもんですよね。

バリ島でビーサンが必要になったら、ビーサンを現地調達したい場合は、ぜひこの2つのブランドをチェックしてみてくださいね!

ではまた。

スポンサードリンク