バリ島チャングーにある在住者・長期滞在者に人気のオーガニックショップ「Alive」

congerdesign / Pixabay
ショッピング

バリ島チャングーエリアにはオシャレ&健康志向な外国人旅行者が多いので、ヴィーガン・ベジタリアン対応のカフェもたくさんあります。

またそんな健康志向な人たちの普段の食生活を支えるため、オーガニックショップもどんどん増えてきました。

オーガニックショップは、オーガニック野菜や果物、自然食材、スパイスなど調味料、ナッツやドライフルーツ、豆、ナチュラルコスメやエコ雑貨なんかを扱うお店。

オーガニックカフェが併設されているところも多いです。

この記事では、健康志向なチャングー在住者・長期滞在者の食生活を支えるオーガニックショップ「Alive」(アライブ)を紹介します。

こういうお店をうまく利用すれば家でもホテルの部屋でも、買ってくるだけでベジタリアンカフェのようなオシャレヘルシー料理が食べられます!

では早速、スタート!

チャングー「Alive」の場所

バトゥボロン通りより一本北側の道沿い。ヨガスタジオSamadiと同じ通りです。

営業時間:8時~20時半

駐車場:バイク有り。車は邪魔にならない場所に路上するしかない。

TEL : 0812-3600-4204

Website : Alive Wholefoods Store

オーガニックショップAlive店内

野菜、果物、卵はこのエリアに。この日は品揃えが良かったです。

写真が暗くてゴメンナサイですが、冷蔵庫に入ってる葉物野菜やトマトはバナナリーフで上手に包まれてます。

さすがオーガニックショップ、ノープラスチック!

こっちの冷蔵庫にはココナッツウォーター、ジャムウ、コンブチャ他、おばちゃんにはよくわからんヘルシードリンクも売ってます。

そしてこちらがオススメしたい、お店のオリジナルディップやペースト、発酵キャベツなど

名付けて、買ってくるだけでオシャレフードが作れるシリーズ!

これとピタパン(普通のパンでも十分)があれば、十分オシャレな地中海メニューが手軽に食べれますね。

お値段はどれも4~50,000ルピアくらいで、量はかなりたっぷり入ってます。

Down To Earthもディップ類を販売してますが、こっちの方が容器もボトルでお値段もお得な気がします。

全部試してないけど、フムスとババガヌーシュ、紫キャッベツはすごく美味しかったです。

 

お肉類も売ってます。ここのハーブソーセージがとても美味しいみたいです!

52,000ルピアで4本入りなのでお値段はそこそこしますが、自然に育てられた豚さんのソーセージらしい。

※67,000rpに値上がりしたらしい(2019.3現在)

スパイス系も充実のバラエティ。豆も小分けサイズで、種類もだいたい揃ってます。

サプリメントやナチュラルコスメの棚。

コスメはバリ島ナチュラルコスメブランドのものもたくさん扱ってます。

雑貨コーナーにはビーワックスのエコラップも販売してました。

日本ではどこでも売ってるわけじゃないので、お土産にもいいかもしれませんね。

わたしも使ってますが、普通のラップみたいにぴったりはしないけど、チーズの食べかけとかを包んでおくのにはいい感じです。

まとめ

Aliveができてから、チャングーでもいつでもオーガニック野菜が買える選択肢が増えましたが、種類が揃ってる時もあれば、ぜんぜんない時もあるので、もうちょっと安定した品揃えだと有り難いですね。

Aliveは特にお肉系と手作り瓶詰めディップ食品なんかがオリジナルおすすめ商品なのかな。

バリ島ではどこのオーガニックショップもわりと似たりよったりの商品が多いんですが、日本では見かけない珍しい商品もあるので、チャングーに来られたらぜひ覗いてみてくださいね。

それとバリ島はプラスチック買い物袋が廃止になりましたが、オーガニックショップは前から袋をもらえないところが多いので、Aliveへ行く際もエコバッグは必ず持って行ってくださいね。

ではまた。

※その他のオーガニックショップの記事↓

ビーガン必見!バリ島オーガニックショップ「Earth Cafe & Market」が一気にわかります

2019.02.07

バリ島オーガニックショップの老舗「Bali Buda」(バリブッダ)に迫ります!

2018.12.11
スポンサードリンク