バリ島で欧米人に大人気のオシャレなエリア「チャングー」を散策してみよう(散策マップ付き)

チャングーパイナップル
Pexels / Pixabay
Shopping

バリ島に来たら外せないエリアになってきたチャングー

昔からサーファーには知られてましたが、サーフィンしてワルンで朝ごはん食べる以外は特にすることもなく、畑とローカル、町中から逃れた外国人が静かに住んでるような場所でした。

ところがどっこい、数年前から急発展しショッピングからヨガ、カフェ、スパとやること満載のオシャレエリアに大変身。海の中のサーファーの数もどっと増えて、昔はポツンポツンだったサーファーの頭の数も今は多すぎて数えきれません。

道には外国人が運転するバイクがめちゃめちゃ多くなり、慣れないレンタルバイクのフラフラ運転、逆に乱暴運転、田んぼにはまっているバイクや車もよく見かけます。ぶらぶら歩いて買い物する場合はちょっと注意が必要です。

この記事では、今注目のオシャレエリア、チャングーのおすすめ散策ルートを紹介します。

若干、車やバイクに引かれそうになりながら歩いてみました。

スポンサードリンク

バリ島、チャングーを散策。バトゥボロン通りの真ん中からスタート!

チャングーといってもそこそこ広いエリアなので、今回はJl.Pantai Batu Bolong (以下、バトゥボロン通り)のビーチから1.2kmくらいにあるメインの交差点からスタートしてみました。曇ってますが、暑いので歩くにはこれくらいがいいです。

ビーチの方向へ向くとこの景色。右側の停車してるタクシーの後ろを右斜めに入るとチャングーのDeusがあります。ちょうど車もバイクも走ってませんが、普段はかなりの通行量。電線がからまってごちゃごちゃしてますね、バリの町中はどこもこうです。そんなとこで子供が凧揚げして電線に絡まってたり日本ではありえない光景。

反対方向(ビーチじゃない方)を向いたらこの景色。こちらも両側にブティックやワルン、カフェなどが並んでます。

もうひとつある通りがネラヤンビーチへ向かう道。この先にショートカットへ入る道があります。


ショートカットとは大通りを通らないでブラワからバトゥボロンまで抜けられる近道。一昔前はバリダカールと呼ばれたりもした超ガタガタ道で、畑のおっちゃんがバイクで通るくらいでした。それがガタガタでも通る人がだんだん増えてきたので道がちょっとづつ整備され、途端にバイクや車の通行料が激増。今では歩行者もいますが、田んぼに落ちそうになりながら歩いてはります。

そりゃここ抜けたらだいぶ近いしみんな通りたいとは思うんですが、完全にキャパオーバー。もともと道幅も狭く車のすれ違いができないところもあるいわゆる 一見さんお断り的な道 なので、すれ違いにどこで待つかなどのルールを知らない車が通ると大混雑を巻き起こしどえらい時間がかかることになります。既にショートカットとは言えないですが、いまだショートカットと呼ばれてます。

さて、交差点からビーチ側へ向きを戻しましょう。

少し歩くと左手にパンやケーキが美味しいフレンチベーカリー「Mousier Spoon」が。すぐ横には他の記事で紹介した週末マーケットのある「Love Anchor」がみえてきました。

チャングーでショッピング!ウィークエンドマーケットへ行ってみよう

2018.08.06

どんどん進みます。両側ともほぼ何かしらの店でひしめいてます。

右も左もブティック、カフェ、レストラン、スパなどが。

このへんはお土産屋さんというより、外国人オーナーのブティックが多く、お値段も日本とほぼ変わりません。その分、お洒落さやクオリティは高めです。

ただこうやって見ると、街並み自体はオシャレではないですね^^;

さて、このまま行くともうちょっとでビーチですが、今日はビーチへは行かず、この黒い建物を通り超えた横の小道を右へ曲がってみます。お酒屋さんが目印。

チャングー・バトゥボロン通りから小道へ入ってみよう

Gg.Nyepiという小道に入りました。またまた小さなブティックが並んでます。

こんなウォールアートがあったり。

細い道にこんな大きいカフェがありました。ちょっと中を覗いてみましょう。

2階はカフェスペース+バスケットとか雑貨の販売もしてましたよ。

さて小道を抜けたらまだちょっと田んぼの残る光景が。そのままさらにまっすぐ進みます。

こんなお店が角に見えてきたら人気の「FABBRICA」というピッザのお店。ここ美味しいので夜はいつも満席です。

バトゥボロン通りに比べるとちょっとだけ静かですが、まだまだ人通りは多く、こちらもカフェ・レストランいっぱい。

チャングーの裏道へちょっと寄り道

ちなみにこのFABBRICAの角からJl.Tanah Barakへ入ると、人気のイタリアン「La Baracca」やベジカフェ「Shady Shack」もあります。

さらにもうちょっと行くとポツンと佇むお洒落なアクセサリーのお店「ISLAND SOUL」が。チャングーガールが好きそうな可愛いデザインがたくさんありましたよ。

もとに戻ってチャングー散策、再開!

さてもとのFABBRICAの道にもどって、そのままエコビーチ方面へ進みます。左側にはメキシカンの「Taco Casa」もあり。

突き当りのJl.Pantai Batu Mejanを左へ曲がるとエコビーチですが、今日は右へ曲がってみます。このあたりから急に静かになっていきます。この通りは道幅は決して狭くはないですがバイクや車がけっこう飛ばすので、喋りながら横並びで歩くとちょっと危険です。

また発見。チャングーはウォールアートがあっちこっちにあります。

メインの通りとはうって変わって、こっちの通りは小さめのカフェがぽつ、ぽつとある感じです。

こんなところにいつの間にか雑貨屋さんができてました。「SEVERAL NEEDS」というお店。表の通りより明らかに人通りは少ないですが、静かな分お店は目立ちます。ちょっと覗いてみよ~

バナナリーフ、モンステラ、フラミンゴ、パイナッポーとチャングーキーワード全員集合。ビーチに便利なタオルサロンやドッグバンダナ、ポップなカラーの雑貨もたくさん。撮影OKだったのでいっぱい撮りました。

こういうチャングー柄ってこちらではすごい人気ですが、日本でも人気なんでしょうか??誰か教えてください。

ドラゴンフルーツ柄ってちょっとめずらしいかも。リアルで可愛い❤ 350円くらいなのでお土産にもいいんでは。

お店を後に、この先をさらにそのまま進むと左手にカフェ&自然食材や雑貨を扱うオーガニックショップの老舗「Bali Buda」が。

バリ島オーガニックショップの老舗「Bali Buda」のチャングー店

2018.12.11

さらにもっと進むとサンデーマーケットのあるヨガスタジオ「Samadi」があります。

が、その手前の Jl.Padan Linjiong という道を右に曲がってバトゥボロン通り方面へ戻ります。

ここはヴィラが少し建ってるくらいで何もない田んぼの道。ちょっと中に入るだけでまだ田んぼの景色が残ってて昔の名残があります。

坂を降りて上り、さらに進んでいくとノマドワーカーも集うオシャレカフェCrate Cafe」が右に見えてきました。

バリ島チャングーのノマドワーカーの朝ごはんカフェ「Crate Cafe」

2018.08.31

そのまま行くとバトゥボロン通りに戻ってきました。右へ行くとすぐ大人気のバリ島タヒチアンレストランMoana」があります。

チャングーでレストランに悩んだら?大人気のタヒチアンレストラン「Moana」がオススメ!

2018.08.22

そのままさらに進むと、ローカルの定番フード、美味しくてリーズナブルなナシチャンプル屋Warung Bumi」が。

バリ島チャングーで美味しいナシチャンプルを食べるなら「Warung Bumi」へ

2018.07.15

 

そしてスタート地点に戻ってきました!けっこう歩いたな。。。

まとめ

チャングー・バトゥボロンを散策して思ったのは、歩行者にはけっこう危険かも(*_*)

チャングーはバイクでもお店の前は駐車禁止になってたりするので、お買い物には歩いた方がスムーズに立ち寄ったりしやすいですが、常にバイクや車に気をつけて歩かないとビュンビュン飛ばしてくるのでけっこう危険です。お子さんのいる方は、絶対手を握って歩いてあげてください。

わたしも普段はバイクか車なので、運転する時は改めて気をつけようと思いました。こんなスリリングだとは知らなかった^^;

今回歩いたエリアの地図を作ってみたので、もしチャングー散策をしてみたい方はよかったら参考にしてみてくださいね!

※赤いマークがスタート地点、緑のマークが記事に出てきたお店や場所です。

スポンサードリンク